ジオ・ラボ中部は地盤材料試験のプロフェッショナル集団です。

理事長挨拶

ご挨拶

私たちの暮らす日本は,災害大国といわれるほど世界でも自然災害が多い国です.毎年のように地震災害、土砂災害や洪水の脅威にさらされ、社会はよりいっそう安全を求め,人々はより安心できる暮らしを望んでいます.そうした時代の中で,中部土質試験協同組合(ジオ・ラボ中部)は,「地盤材料試験」をもとに,より良い社会の発展に貢献していきたいと思います.

当組合は,昭和54年12月に中小企業近代化促進法に基づく構造改善事業の一環として,その地盤材料試験を集中的に行うために発足し,平成16年には旧本部試験所(名東区)と大型試験所(尾張旭市)を統合し,近代的かつ効率的な試験所を立ち上げました.そして現在に至るまで,関係各方面からの多大なご支援とご協力を賜り,この東海地域において,地盤材料試験の中核を占めるまでに成長して参りました.

当組合では、岩石試験,大型材料試験,動的試験などに対応できる各種設備を整えるとともに,試験技術員の訓練,充実を図り,実務に用いられるほとんどの地盤材料試験に対応できるように総合力を向上させて参りました.

新しい需要に対応できるように試験装置のメニューの増加を進めるとともに,更なる試験精度の向上,データ処理の迅速化,ISO9001に基づいたより厳しい品質管理に取り組んでおります.

平成19年度からは,北海道から宮崎に分布する9つの土質試験協同組合が “ジオ・ラボネットワーク”を形成し,全国各地の組合とも相互支援できる体制の構築も行いました.日常業務の補完や災害時の復旧・復興への貢献はもとより,この度,ジオ・ラボ中部で試作した試験解説オンラインビデオ(ジオラボチャンネル)のように,感染症対策による行動制限があっても利用できる教育ツールの開発など,これまで以上に社会貢献活動につなげていきたいと考えております.

今後も皆様から信頼される土質試験協同組合として,技術の研鑽を重ねていく所存ですので,組合員・準組合員の皆様,関係各機関の皆様には,当組合の一層のご活用とご支援を賜りますようにお願い申し上げます.

中部土質試験協同組合

理事長 伊藤 重和

前理事長(2018/5~2020/5) 

私たちの暮らす日本は,災害大国といわれるほど世界でも自然災害が多い国です.2011年の東日本大震災後,社会はよりいっそう安全を求め,人々はより安心できる暮らしを望んでいます.
そうした時代の中で,ジオ・ラボ中部は,「地盤材料試験」をもとに,より良い社会の発展に貢献していきたいと思います.

当組合は,中小企業近代化促進法に基づく構造改善事業の一環として,その地盤材料試験を集中的に行うため,昭和54年12月に発足して以来,関係各方面からの多大なご支援とご協力を賜り,現在では東海地域において,地盤材料試験の中核を占めるまでに成長して参りました.

この間,岩石試験,大型材料試験,動的試験などに対応できる各種設備を整えると共に,試験技術員も充実させて,実務に用いられるほとんどの地盤材料試験に対応できるように,総合力を向上させて参りました.
試験装置のメニューの増加も進めるとともに,更なる試験精度の向上,データ処理の迅速化にも努めておりますとともに,ISO9001-2015に基づいたより厳しい品質管理に取り組んでおります.

また,平成19年度には,北海道から宮崎に分布する9つの土質試験協同組合が,協同組合地盤環境技術研究センターを含めた,“ジオ・ラボネットワーク”を形成し,全国各地の組合とも相互支援できる体制の構築も行いました.

今後も東海地域に根差した土質試験協同組合として,信頼される技術成果を提供して参りますとともに,技術の研鑽を重ねていく所存です.

組合員・準組合員の皆様,関係各機関の皆様には,当組合の一層のご活用とご支援を賜りますようにお願い申し上げます.

中部土質試験協同組合

理事長 阿部 暢夫