ジオ・ラボ中部は地盤材料試験のプロフェッショナル集団です。

イベント
2021.09.27
ジオラボネットワークで技術研修会を実施致しました。 全国各地の試験組合の最新の状況報告,北海道,中部,関西組合からの技術発表会を実施し,その後,意見交換会を行いました。 活発な議論が交わされ,その後,
イベント
2021.07.02
大橋君が令和2年度,中部地質調査業協会主催の中部ミニフォーラムで優秀発表賞を受賞いたしました。 ジオ・ラボ中部の受賞は,5年連続です。
お知らせ
2021.05.10
職員の顧客対応,技術習得のため社内講習会を実施しております。 4月は初心に戻り,DVDを利用した電話応対などの顧客対応を,5月からは先輩技術者が講師となった試験講習会を開催予定とです。 技術講習会は,
お知らせ
2021.05.10
4月,小型三軸試験機のオーバホールを行いました。 背後パネル,バルブ,セルの交換,また二重管ビューレット清掃,クランプ軸の剛結タイプへの変更,二重負圧飽和への対応,などです。 これにらより,さらなる高
お知らせ
2021.05.10
4月13日,感染症対策を十分に行いながら,令和3年度の事業計画発表会を行いました。 令和3年度のジオ・ラボ中部の売上目標,品質方針,など,顧客対応向上に向けて今年度の方針を確認しました。 新年度も全職
最新情報
2021年05月10日
職員の顧客対応,技術習得のため社内講習会を実施しております。 4月は初心に戻り,DVDを利用した電話応対などの顧客対応を,5月からは先輩技術者が講師となった試験講習会を開催予定とです。 技術講習会は,
最新情報
2021年05月10日
4月,小型三軸試験機のオーバホールを行いました。 背後パネル,バルブ,セルの交換,また二重管ビューレット清掃,クランプ軸の剛結タイプへの変更,二重負圧飽和への対応,などです。 これにらより,さらなる高
最新情報
2021年05月10日
4月13日,感染症対策を十分に行いながら,令和3年度の事業計画発表会を行いました。 令和3年度のジオ・ラボ中部の売上目標,品質方針,など,顧客対応向上に向けて今年度の方針を確認しました。 新年度も全職
最新情報
2021年03月02日
透水試験用の真空槽を購入しました。 アタッチメントの交換で供試体を移動することなく定水位透水試験が可能です。 この装置により、密度の小さい緩詰供試体でも移動による振動で密度が大きくなる事がなく、正確な
最新情報
2020年11月17日
VpVS測定機を導入しました。現場でのVs計測値と比較し、乱れの程度などを評価することが可能です。是非ご利用ください。 お待ちしております。
機関紙・
ニュースレター
2020年03月31日
No.162号では,TC101委員会:室内試験における新技術に関するワークショップ参加報告,令和元年度設備投資報告,建設関連主要資格試験の⽇程,私の業務履歴書などを掲載しました.No.163
機関紙・
ニュースレター
2020年03月03日
No.162号では,各種行事参加報告を掲載しました.NASAによる火星の試料採取のニュースにもご留意いただければ幸いです.詳細に関しましては,No.162のp-7をご参照ください.No.162
機関紙・
ニュースレター
2020年01月24日
No.161号では,年頭所感,全地連 「技術フォーラム 2019」岡⼭報告および組合創立40周年記念海外研修(オーストラリア)の実施報告などを掲載いたしました.
機関紙・
ニュースレター
2019年12月13日
ニュースレターNo.160号 ・阿部理事長による「令和元年度によせて」 ・組合創立40周年・浅岡先生技術顧問就任特別講演会 などを掲載しました.
イベント
2021年09月27日
ジオラボネットワークで技術研修会を実施致しました。 全国各地の試験組合の最新の状況報告,北海道,中部,関西組合からの技術発表会を実施し,その後,意見交換会を行いました。 活発な議論が交わされ,その後,
イベント
2021年07月02日
大橋君が令和2年度,中部地質調査業協会主催の中部ミニフォーラムで優秀発表賞を受賞いたしました。 ジオ・ラボ中部の受賞は,5年連続です。
イベント
2019年10月16日
令和元年9月21日(土) 【10:00~16:00】オアシス21 銀河の広場で建設コンサルタンツ協会中部支部設立50周年記念に公益社団法人地盤工学会中部支部として,ジオ・ラボ中部職員5名が参加してきま
イベント
2019年09月02日
令和元年8月31日(土) ”オアシス21銀河の広場”でJSCA30周年記念事業に,ジオ・ラボ中部職員5名が参加してきました.栄にあります「オアシス21」で開催されたために,多くの子供さん連れの市民が来
研究発表論文
2020年05月25日
久保職員の第55回地盤工学研究発表会「京都」への投稿論文を掲載します。(残念ながらコロナウィルス感染拡大の防止のため発表会は中止となりました)
研究発表論文
2019年12月13日
本研究では,液性限界・塑性限界試験において,初期含水比が小さい状態から試料に適宜加水して試験する方法と,初期含水比が大きい状態から試料を乾燥 させて試験する方法では,試験結果にどのような影響があるのか
研究発表論文
2019年10月25日
久保職員が国際地盤工学会第16回アジア地域会議「台湾」で論文発表会に参加して来ました。(投稿論文)
研究発表論文
2019年09月13日
濃尾平野地下には,軟弱地盤とされる沖積層が西に向かって厚く分布していて,各種構造物の基礎地盤として想定する場合には,各種の地盤工学的留意が必要となります。ここでは,近年の研究に伴い改訂された地盤の層序
研究発表論文
2018年12月13日
港湾関係の調査では,1本のサンプリングチューブ内で一軸圧縮試験を4供試体実施するように求められることが多い. そこで,常時試験を実施している立場から,サンプリングチューブ内での試験位置による一軸圧縮試
表彰関連
2019年12月18日
組合創立40年事業を展開しています当組合に,商工中金殿から「感謝状」をいただきました. 長年にわたり共同事業を実施することで,組合員および地域経済の発展に尽力していること, および商工中金殿に貢献して
表彰関連
2019年12月13日
本研究では,液性限界・塑性限界試験において,初期含水比が小さい状態から試料に適宜加水して試験する方法と,初期含水比が大きい状態から試料を乾燥 させて試験する方法では,試験結果にどのような影響があるのか
表彰関連
2019年10月16日
第54回地盤工学研究発表会にて,清水亮太職員が優秀論文発表者賞を受賞しました. 詳しくはこちらから