6.技術顧問 植下 協 先生が秋の叙勲の栄誉(瑞宝中綬章)に浴されました.

 中部土質試験協同組合 技術顧問 植下 協 名古屋大学名誉教授 におかれましては,名古屋大学及び中部大学における永年の研究・教育活動のご功績により,平成23年秋の叙勲において 瑞宝中綬賞受章(旧制度の勲等では,勲三等瑞宝章に相当)の栄誉に浴されました.この受章は植下先生のみならず,常日頃ご指導を頂いております私ども関係者にとりましてもこの上ない喜びであります.
 植下先生は,平成8年1月より,当組合の技術顧問として就任されていますが,この間,平成17年6月-平成19年11月まで,名古屋道路エンジニア株式会社の代表取締役にも就任されています.併せて,東海三県地盤沈下調査会 会長にも就任されています. 先生の主要なご研究は,枚挙にいとまがありませんが主たるものとして以下のご研究を紹介しておきます.

 1.道路・空港などの舗装構造に関するご研究
 2.濃尾平野の地盤沈下現象とその防止に関する研究
 3.名古屋地盤の土質・基礎工学的研究
 4.日本の土の工学的分類法に関する研究
 5.環境地盤工学のあり方に関する研究

 特に,伊勢湾台風後の濃尾平野における深刻な地盤沈下現象が,過剰揚水問題であるとして,国・愛知県・三重県・名古屋市の行政に対して,揚水規制を提言され,見事にその後の地盤沈下を規制可能とされたことは,ご研究を行政に生かされた大変大きな事業でありました.

 近年では,広域地盤沈下研究から始められた環境地盤工学分野のご研究を,廃棄物埋立処分の合理化問題,環境影響評価作業における地盤項目での理想的取組の提言に発展され,愛知県・名古屋市の環境行政にも寄与されています.併せて,土質工学会副会長(平成5年6月-平成7年5月),土質工学会中部支部 支部長(昭和55年度),土木学中部支部幹事長(昭和52年度)などを務められるとともに,各種学会から多くの受賞をされています.
 ここのご紹介は,先生のご研究のほんの一部ですが,この度のご叙勲に対して深くお祝いを申し上げます.併せて,今後も変わらず,ご指導いただきたいと祈念して,お祝いの言葉にさせていただきます.

 なお、詳細を以下のPDFに掲載しておりますので,ご参照いただければ幸いです.
詳細PDFはこちらから

顧問 植下 協 名大名誉教授

このページのTOPへ