4.平成22年度 地盤工学会論文賞(和文部門)を受賞 しました.

 平成22年度地盤工学会賞が,3月18日の本部理事会で決定されました.
 小高猛司先生(名城大学)を代表執筆者として,当組合職員も連名になりました下記の論文が,論文賞(和文部門)の栄誉に輝きました.論文賞は,民間レベルでは受賞する機会が少ないので貴重な賞と思います.ご配慮いただきました小高先生,李さん(建設技術研究所)他の皆様に心からお礼を申し上げます.
 今後とも,当組合では職員の技量の向上に励み,高い品質のデータをご提供することで,社会資本整備に貢献していきたいと思います.
 ●論文名:河川堤防砂礫の変形・強度特性の評価手法に関する考察
 ●発表者:中島康介(名城大学),牧田祐輝,小高猛司,板橋一雄,李圭太,坪田邦治,加藤雅也
 ●内容の詳細:職員発表論文関連をご参照ください.
 詳細はこちら

平成23年度地盤工学会本部通常総会にて表彰

表彰状(個人毎に先頭に名前が記載されます)

小高先生のご配慮で,盾も頂きました.

このページのTOPへ